量子測定を使った新しい能力開発 FMFプログラム

量子測定を使った新しい能力開発 

FMFプログラム

 

私たちの行動は脳の使い方によって決まっています。

行動コミュニケーション学では、その脳の使い方によってわかるタイプの違いを研究し、無意識にしている行動や思考、感じる感情を明確にしています。

脳の使い方を知ることは、自分を客観的に知り、潜在意識を顕在化することができます。

そして、それにより【今できること】を考えることができるため、恐れや不安が消え、結果的に感情のコントロールができるようになり、折れにくいしなやかで強い心になっていきます。

 

7つの能力

 

 

行動コミュニケーション学では、175問のチェックシートで7つの能力から脳の使い方をチェックしています。

この7つの能力は

聖書の賜物(Gifts)⇒ユダヤ人の教育方法
  +
多重性知能(MI理論)
  +
脳の機能局在論
を重ね合わせ、どの能力を強く使っているのかを明確にしています。

さらに、今回のFMFプログラムでは

東洋思想(チャクラの概念)


⑤脳力開発での7つの力

を追加し、より具体的にわかりやすくしました。


何より、量子測定の結果と175問のチェックシートが重なることを発見したこで、チェックシートをすることなく、自分の状態がすぐにわかるようになりました。

量子測定の採用

FMFとした理由は、アインシュタイン博士が語った言葉からきています。

“Future Medicine will be the Medicine of Frequencies”
将来の医学は周波数の医学になります
Albert Einstein

無意識を明確にしていくためには、自分の思考や感情などの情報が入らないことがとても大切になります。私たちは自分のことを客観的にみることがとても難しく、どうしても思考や感情が入ってしまいます。

行動コミュニケーション学の脳の使い方のチェックが『指組み・腕組み』であるのも、これが理由のひとつでもあります。

無意識にする動作をチェックすることで、より客観的情報になっていきます。

7つの脳力チェックは175問の質問に答えていくという、チェックリストをやってもらっています。これを、より客観的情報にしていく方法がないかと脳波やDNA、声紋分析など様々な分析ツールを検討した中で、量子測定機器との出会いがあり、今までの行動コミュニケーション学のプログラムとの整合性を確認し、今回のFMFプログラムが完成しました。

 量子測定の多くの使われ方として、身体的な不具合を発見し、調整していくものがありますが、FMFプログラムは病気の治療を目的としていません。脳の仕組みから目標達成や人間関係の課題を解決することが目的です。確かに感情的な部分に寄り添うために、愛の原則をつかいます。人は愛によって恐れがなくなるからです。
 今回この量子測定器に出会って理解できたことは、東洋思想のチャクラは脳の電気信号であること、それによって脳内で情報交換をしてることがわかりました。それと175問のチェックシートで出た数字と僅差であることから、この量子測定器を能力開発のために使うことにしました。私たちも最適化とか調整という言葉を使いますが、それはエネルギーという電気信号への表現であって、医学的な治療や診断をするわけではありません。これは医師または医師以外の施術者による試験や治療に代わるものではありません。

 

タイプによる脳の使い方の違い

行動コミュニケーション学は、チームビルディングのために開発されたプログラムになります。

そのため、基本的な学びをするだけでも、組織の中でのタイプの役割を明確にでき(組織の無限ループ)、多くの結果を出すことができるようになっていきます。

ただ、その中で活用できる人とできない人の個人差がありました。

その差は【自己確立がされている】ことにあります。

 

今回のFMFプログラムでは、各タイプによって異なる脳の使い方を7つの能力から読み解き、その脳力を使っている順番を明確にしたことで、各タイプの行動や思考、感情が『なぜそうなるのか』を説明できるようになりました。(脳の循環無限ループ)

それに沿って目標設定を行うことで使命を発見しやすくなり、その行動や思考、感情がどの能力から起こっているのかがはっきりするので、必要な解決策や情報提供が可能になり、自己確立に必要な【自己受容・他者との違いを認めること・人生の目標設定】がスムーズに実践できるようになります。

また、for me から for youへの導き方が明確になり、自分自身だけでなく相手に対してもサポートしていくことができるようになります。

このプログラムでは個人の自己確立を促し、人間関係の悩みの解消や、チームとしての脳力の底上げができるようにしています。

 

※FMFプログラムについてはこちら

 

講座一覧

FMFプログラムインストラクター養成講座3級

オンライン【教えたい人向け】
『自己確立入門講座』を開催するためのスキルをお伝えします。
認定試験があります。(希望者のみ)
認定試験に合格すると、『自己確立入門講座』を開催することができます。

ZOOM開催(90~120分)または動画講座
動画講座の詳細はこちらから
参加費:無料
不定期開催(日程は公式LINEにてお知らせします)

 



こんな方へオススメ

*行動コミュニケーション学のことをたくさんの方に伝えたい方

*人間関係の悩みを解消したい方

*自分の仕事に応用したい方(サロン・コーチング・カウンセリングなど)

 

FMFプログラムインストラクター養成講座2級

オンライン【教えたい人向け】
《FMFプログラム3級の認定を取得されている方対象》
『自己確立講座』と『FMFプログラムインストラクター養成講座3級』を開催するためのスキルをお伝えします。
7つの能力から導き出された、各タイプの脳の使い方に沿った目標設定ができる【成長ループワーク】を使って、あなたの使命に繋がる目標設定をしていきます。

ZOOM開催(3時間×2日)
参加費:20万円
不定期開催(日程は公式LINEにてお知らせします)
月開催決定!開催日程よりご確認下さい。

こんな方へオススメ

*行動コミュニケーション学のことを伝える人を育成したい方

*自分の使命に繋がる目標設定をしたい方

*7つの脳力についてより詳しく知りたい方

*自己肯定感、感情の取り扱いについて知りたい方

*自分の仕事に応用したい方(サロン・コーチング・カウンセリングなど)

 

 

FMFプログラムインストラクター養成講座1級

オンライン【教えたい人向け】
《FMFプログラム2級の認定を取得されている方対象》
『自己確立講座』と『FMFプログラムインストラクター養成講座2級』を開催するためのスキルをお伝えします。
感情の取り扱いについてや、自己肯定感の高め方など、ご自身でセッションや講座をされる際に必要なスキルをお伝えします。

ZOOM開催(3時間×2日)
参加費:40万円
不定期開催(日程は公式LINEにてお知らせします)
月開催決定!開催日程よりご確認下さい。

こんな方へオススメ

*使命に繋がる『自己確立講座』をご自身で開催したい方

*自己肯定感、感情の取り扱いについてより詳しく知りたい方

*自分の仕事に応用したい方(サロン・コーチング・カウンセリングなど)

 

開催日程

 

※カレンダーより日程を選択して頂くとお申込みフォームのリンクが表示されます。
※当日のお申込みは残席の関係上、メールなどで確認をしてからお申込み下さい。

FMFプログラムインストラクター養成講座2級(オンライン・対面)
FMFプログラムお申込みはこちら
※日程は個別対応です。お申し込みのメッセージにご希望の日程を入力してください。
FMFプログラムインストラクター養成講座1級(オンライン・対面)
FMFプログラムお申込みはこちら
※日程は個別対応です。お申し込みのメッセージにご希望の日程を入力してください。

関連ページ

FMFプログラム コミュニティご案内
行動コミュニケーション学会®が提供している【FMFプログラム】 行動コミュニケーション学のプログラムとして分かりやすいものが脳タイプ(利き脳)です。 指組みと腕組みで脳の使い方をチェックし、そこからタイプの特徴が分かるというものです...
行動コミュニケーション学会
行動コミュニケーション学会 Action&Communication Society(ACS) 行動コミュニケーション学会は、横のつながりが重要になってくるこれからの時代に、行動コミュニケーション学の豊かな事例を共有していくため...

 

タイトルとURLをコピーしました